【当選確率UP!】宝くじより当たる?懸賞やキャンペーンの当たるコツや条件とは

懸賞と聞いて、皆さんは何をイメージしますか?

「豪華賞品が多いけど、本当に当たるの?」

「どうせ当たらないんでしょ?」

「当たったことがある人に出会ったことが無い」

などと、思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、

「懸賞って何?」

「懸賞に当たる確率って宝くじや競馬などと比べてどう違うの?」

「当選確率を上げる方法は?」

などについて、考えていきたいと思います。

この記事を見ることで、懸賞の確率について知ることができ、これからの懸賞生活のヒントをつかむことができるでしょう。

では、最後までご覧ください。

★★こんな人におすすめ★★

・宝くじや懸賞など、何かが当たること興味がある。
・懸賞に当たる確率ってどうなっているのか知りたい
・懸賞の当選確率を増やしていきたい
・どんな懸賞が当たりやすいのかを知りたい

スポンサーリンク
目次

懸賞ってなに?

そもそも「懸賞」って一体、何なんでしょうか。

懸賞(けんしょう)とは、何らかの手段で一般から応募者を集め、賞品や賞金を提供するもの。プレゼントキャンペーンとも呼ばれる。主にプロモーション(宣伝)活動として、商品の販売促進のために使われる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B8%E8%B3%9E

無料で誰でも応募ができる懸賞を「オープン懸賞」


商品を購入したりして応募をする懸賞を「クローズド懸賞」

と言います♪

一言で、「懸賞」と言っても、参加の仕方や、応募の仕方などいろいろあります。

 

「オープン懸賞」、「クローズド懸賞」の違い

「オープン懸賞」と「クローズド懸賞」の違いを見てみましょう。

[オープン懸賞]
新聞や、雑誌のクイズやパズルなどを解いて応募、また、SNS(「X」や「Instagram」)、インターネットなどで簡単に応募ができる。

[クローズド懸賞]
商品を購入して、応募条件(ポイントやバーコード、購入レシート等)を満たすことで、応募ができる。

[参加方法]
店頭や専用応募はがき、普通郵便はがき、SNSなどのインターネット環境などで応募。

では、このような懸賞に応募する際の、当たる確率はどのようになっているのでしょうか。

まずは、他にも「当たる」と言われているモノについて調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

6つの当たる確率

何かに「当たる」といっても、「当たる」にはいろいろな「当たる」があります。

ここでは、以下の6つについて、確率をみていきます。

  • 宝くじの当たる確率
  • ある企業による懸賞の確率
  • 競馬で勝つ確率
  • 雷に打たれる確率
  • 隕石に当たる確率
  • サイコロでゾロ目が出る確率

 

宝くじの当たる確率

宝くじは買ったことがありますか?

「1等〇億円」などの夢のあるキャッチフレーズで大人気のジャンボ宝くじ。

まさに一攫千金の大チャンスを掴むものとして、有名ですね。

では、昨年の2022年、年末ジャンボ宝くじを参考に、当選確率を見てみましょう。

等級数当選金本数当選確率
1等700,000,000円(7億円)1本1/2000万
1等の前後賞150,000,000円(1億5000万円)2本1/1000万
1等の組違い賞100,000円(10万円)199本約1/10万
2等10,000,000円(1,000万円)4本1/500万
3等1,000,000円(100万円)40本1/50万
4等50,000円(5万円)2,000本1/10,000
5等10,000円(1万円)60,000本約1/333
6等3,000円(3千円)200,000本1/100
7等300円(3百円)2,000,000本1/10
※2022年12月 年末ジャンボ宝くじ
※1ユニット2000万枚の場合(全22ユニットの販売実績)

確かに等級が上がっていくにつれて、あまりピンときませんね。

そこで1等がどれだけの人数から選ばれるのかを、東京ディズニーランドさんを例にして考えてみます。

 

宝くじの1等7億円(1/2000万)をディズニーランドで例えると

東京ディズニーランドの最大収容人数が約7万人と言われています。

まずは、超満員の混雑しているディズニーランドをイメージしてください。

その超満員のディズニーランドが285個あると、約2000万人が入っていることになります。

つまり、1等7億円は、その超満員ディズニーランドが285個分(2000万人)あり、その中から、一人が選ばれる確率と一緒です。

同様に、6等(3,000円)でさえ、1/100の確率なので、100人に1人しか当たりません。

 

スポンサーリンク

企業による当選確率

ここでは、実際に2022年に様々な企業が行った懸賞の当選確率を例に見てみましょう。

 

キャンペーン詳細当選品当選本数/応募総数当選確率
(何人に一人)
クローズド懸賞
2021年11月1日~2022年3月6日
全国ビスケット協会
第42回ビスケットまつり
「ANA旅行券15万円分」28人 「ビスケットセット」2,280人28/35万8,538通  

2280/35万8,538通
約1/12,804

約1/157  
クローズド懸賞
2022年
天乃屋
「歌舞伎揚売上No.1キャンペーン」
現金5,000円 1,000人1000/ 5万3,525通約1/530
オープン懸賞
2022年3月1日(火)~5月9日(月)
丸美屋
「春のふりかけキャンペーン」
「クイズで当たる!」コース
1コース「現金50万円」10名

2コース「人気家電5点セット」10名

Wチャンス賞「丸美屋商品詰め合わせ」10,000名  
10/約105万通  


10/約105万通    


10,000/約105万通

約1/105,000  


約1/105,000    


約1/105  

クローズド懸賞
2022年3月1日(火)~5月9日(月)
丸美屋
「春のふりかけキャンペーン」
「マークで当たる!」コース
「フライパン4点セット」2,500名  

「ガラス蓋付きフライパンと片手マルチポットのセット」2,500名  

Wチャンス賞「丸美屋商品詰め合わせ」5,000名
2,500/約51万7千通  


2,500/約51万7千通    


5,000/約51万2千通
約1/206  


約1/206          


約1/102    
オープン懸賞
2022年12月27日~2023年1月25日
4Gamer.net(総合ゲーム情報サイト)
「2022WinterSpecialPresent」
A賞:PlayStation 5  

B賞:Xbox Series X  

C賞:Nintendo Switch  

D賞:1万円分のポイント  
2/約6,700件  

2/約2,700件  

2/約3,300件  

30/約4,300件
約1/3,350  

約1/1,350  

約1/1,650  

約1/143

オープン懸賞
2022年04月01日(金)〜06月30日(木)
エステー
2022年TOURSミュージカル「赤毛のアン」”チケットプレゼントキャンペーン
「赤毛のアン」チケット1,000組/7万1,324件約1/71
※2022年 ネット上で応募総数の公式発表があった6社のキャンペーン結果記載

オープン懸賞もクローズド懸賞もどちらも混ざっている結果でした。

こうやってみると、やはり
当選人数が多くなっているものは、当たる確率もかなり高い
ことがわかります。

また、丸美屋さんの「クイズで参加」キャンペーンは、賞品が豪華ですが、
オープン懸賞(誰でも参加ができる懸賞)のため、
応募者数が、かなり高くなっています。

一方、ゲームサイトの4Gamer.netさんの懸賞は、

オープン懸賞で、当選賞品が人気ゲーム機になっており、

わりと豪華な景品にも関わらず、当選確率は高め(当たる人が多い)です。

これは、一般には広く知られていなく、
特定の人(日頃からゲームサイトにお世話になっている人)が参加しやすい企画

であったことが理由と考えられます。

このことから、わかることとして

①当選人数が多く設定されている懸賞は当たりやすくなる。

②オープン懸賞(誰でも参加ができる懸賞)は、参加者が多く、当たる確率が低くなる

③賞品が豪華でも、あまり知られていない懸賞は当たりやすい。

ということが言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

競馬で勝てる確率

ちなみに、私の趣味の一つである、競馬の当たる確率は以下のとおりです

賭け方勝ち条件平均配当
(100円買った場合)
確率
単勝選んだ馬が1着になる1,196円1/18
複勝選んだ馬が1・2・3着のどちらかに入る1,343円1/6
馬単2頭選んで、その馬が1着・2着に入る(1着・2着の順番も当てる)2,008円1/306
馬連2頭選んで、その馬が2頭とも1・2着に入る(順番は関係ない)8,727円1/153
枠連1~8枠の決められた枠番号の中から2枠選んでその選んだ馬が1・2着に入る(同枠から2つ選んでも良い)17,080円1/36
ワイド2頭選んで、その馬2頭が1~3着内に入る(順番は関係ない)8,942円1/51
三連複3頭選んでその3頭が1・2・3着内に入る(順番は関係ない)49,316円1/816
三連単3頭選んで、その3頭が1・2・3着内に入る(1着、2着、3着全ての順番も当てる)352,234円
(35万2,234円)
1/4,896
WIN-5その日、中央競馬で行われている、全レースのうち指定された5レースの単勝をすべて当てる8,149,031円
(814万9,031円)
1/1,889,568
(188万9568)
※平均配当データ参考:http://tomatonbo.jugem.jp/

こう見ると、平均配当金額を見ると競馬の確率の方が高そうに見えますね。

実際は、ある程度、強い馬がわかっているので、もっと当たる確率が高い気もしますが、その分、人気の馬はオッズ(配当金)が低くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

雷に打たれる確率

めったに聞きませんが、人が雷に打たれる確率は以下の通りです。

人が雷にあたる確率「77万分の1から100万分の1」

日本では、年間に平均20人ほどが雷に打たれてしまっているというデータもあります。

思った以上に高い確率ではないでしょうか。

ゴルフコースで「雷が鳴ったら持っているクラブを手放せ!」と聞いたりしますが、実際に打たれる確率も高く、それほど危険なのでしょう。
※参考:https://www.dinnteco.jp/ 

 

隕石にあたる確率

次に、聞いたことは無いかもしれませんが、人が隕石に当たる確率は以下のとおりです。

人が隕石にあたる確率「160万分の1」

こちらも、思った以上に高い確率。

地球に落ちる隕石は年間で何千個とも言われているので、意外と身近に落ちているのかもしれません。
※参考:https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/021200052/ 

 

スポンサーリンク

サイコロを●個同時に投げてゾロ目(同じ目)が出る確率

ここでは、サイコロを複数投げて、同時にゾロ目(同じ目)がでる確率を調べてみましょう。

サイコロのゾロ目の確率
2個同時→1/6
3個同時→1/36
4個同時→1/216
5個同時→1/1,296
6個同時→1/7,776
7個同時→1/46,656(1/約4万)
8個同時→1/279,936(1/28万)
9個同時→1/1,267,616(1/約120万)
10個同時→1/10,077,696(1/約1000万)

こうやってみると、サイコロ2~4個までなら、なんとなく当たりそうですね。

しかし、個数が増えてくると「もう無理」という確率になってきますね。

驚きなのが、10個同時にサイコロを投げて、全て同じ目が出る確率は、

宝くじの1等の前後賞(1/1000万)と同じ確率でした

また、雷よりも隕石よりも、宝くじに当たる確率の方が低いみたいですΣ(・ω・ノ)ノ!

低い確率を見ていると、応募自体諦めてしまいそうです。

でも、よく考えてみてください。

どれだけ、確率が低くても、「0」ではありません。

確率が低いながらも、必ず誰かが当たっています!

つまり、低い確率のモノでも、応募し続ければ当たることもあるのです。

 

当選確率を上げる方法

さきほどの企業の懸賞の話を思い出してみると、

①当選人数が多く設定されている懸賞は当たりやすくなる。

②オープン懸賞(誰でも参加ができる懸賞)は、参加者が多く、当たる確率が低くなる

③賞品が豪華でも、あまり知られていない懸賞は当たりやすい。

言い換えれば、

当選人数が多い懸賞
クローズド懸賞(条件付きの懸賞)
あまり人に知られていない

この3つの条件が当てはまる懸賞は当たりやすいのです。

先日、記事にも載せた「ラジオ懸賞」も当たりやすい懸賞の一つです。

なので、

「地元のスーパー×企業」など
応募する人が少ない懸賞が最も当たりやすいのかもしれません。

クローズド懸賞に取り組んだことのない方も、

お買い物の際は、お店に垂れ下がっている応募ハガキや、商品棚のポップから

地元独自の穴場懸賞を見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

●懸賞には2つの種類がある。
 「オープン懸賞」(誰でも無料で参加ができる懸賞)
 「クローズド懸賞」(商品などを購入し条件を満たすことで応募ができる懸賞)

●意外と宝くじの当選確率は低い
 宝くじよりも、地元のスーパーの懸賞の方が何倍も当たりやすい

●当選確率が上がる条件
 ①当選人数が多い懸賞
 ②クローズド懸賞(条件付きの懸賞)
 ③あまり人に知られていない
この3つの条件が当てはまると当選しやすい。

いかがでしたでしょうか。

それぞれの確率について、少しはイメージができましたか?

ですが、いろいろと書きましたが、やはり懸賞に当たる一番のコツは、

「懸賞を楽しみながら応募し続ける」

ことが大切だと思います。

楽しく続けることが当選確率を上げ、また、大きな当選を生むのではないかと、私は思っています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次