【当選確率UP!】クローズド懸賞なら〇〇を狙え!

「懸賞で当たった」

そのような声は聞いたことがありますか?

この記事は、「どうせ当たらないよ」と思っている方に特に見てもらいたい記事になっています。

本記事を見て、懸賞大好きな方だけではなく、初めて懸賞に関わるという方に懸賞の魅力を知ってもらえたらと思います。

懸賞で当たりやすい「クローズド懸賞」。

クローズド懸賞とは何か、また、当たりやすい懸賞はどのようなものがあるのかを本記事でご紹介します。

では、最後までごらんください。

★この記事はこんな人におすすめ★

・当選の確率をもっと上げたい方
・「オープン懸賞」と「クローズド懸賞」の違いを知りたい方
・懸賞のコツをもっと知りたい方

 

スポンサーリンク
目次

クローズド懸賞とは

そもそも「クローズド懸賞」とはいったい何なのでしょうか。

簡単に言うと、
商品を購入するなどの条件で参加できる懸賞」
のことを指します。

条件の多くがこの2つ。

・対象商品を購入したレシートを添えて応募
・対象商品についているポイントや、バーコードを集めて応募

その条件を満たすことで、初めて応募ができる懸賞が「クローズド懸賞」と呼ばれています。


誰でも応募ができ、条件がほとんどいらない「オープン懸賞」と比べて、応募条件が定められていて、手間がかかる「クローズド懸賞」は応募者が限られてくるため、当選確率も上がります。

 

スポンサーリンク

狙い目のクローズド懸賞

結論から先に言います!

もっとも高確率なクローズド懸賞は
地域限定の
「地元スーパー×企業(地元企業)」
または、
「地元企業 単独」
クローズド懸賞です!

コンポン
コンポン

私の経験から、もっとも当たる確率が高いです!

なぜならば・・・

地元スーパーや地元企業が単独で企画しているオリジナルキャンペーンの多くは、

「地元の地元企業による、地元民のための、懸賞だからです!」

このような懸賞は、地元企業が日頃お世話になっている地域の方向けの限定企画であり、地域還元の気持ちがとても強い懸賞が多いのです。

 

 

スポンサーリンク

応募者(ライバル)が少ない懸賞を探せ!

「クローズド懸賞」にも様々な種類の懸賞があります。

<全国規模の懸賞>
大手企業が企画していることが多く、当選人数が多くインパクトがあることが特徴です。

<地元規模の懸賞>
地元企業が企画している懸賞で、当選人数はそこまで多くありませんが、その分豪華な当選品が多くあります。


全国規模なのか、地元規模なのかを考えると、応募者(懸賞のライバル)が少ないのは、圧倒的に後者の地元企業による懸賞になります。

皆さんの周りに、懸賞に力を入れて多くの数を応募しているという人は、そこまで多くないのではないでしょうか。

コンポン
コンポン

私の周りには全然いません。(公言していないだけかもしれませんが・・・(;^_^A))

しかし、全国で見ると、かなりの数(ライバル)がいます。
全国規模の懸賞になると、そのかなりの数のライバルが一斉に応募してしまいます。

そんな全国の懸賞猛者の皆さんが、なかなか手が出せない懸賞・・・

それが、「地元企業による懸賞」なのです。

特に「地元企業スーパー×大手企業」による、オリジナルのコラボキャンペーンは、その店舗でしか条件達成できないため、応募者が少なく、当選確率も大幅にアップします!

私も地元企業スーパー×大手企業のキャンペーンで、クリスマスケーキが当たりました!

以下の記事に当選報告載せてます↓↓↓

https://conponx2.com/sanei-christmas-campaign-2023/

なので、やみくもに応募するのではなく、より当選確率が高そうな懸賞に応募することが、当選確率をアップさせるコツと言えると思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

・地元企業による懸賞は地元民に向けてのキャンペーンが多い。
・当たりやすい懸賞は「クローズド懸賞」。
・全国規模の懸賞よりも、応募者(ライバル)が少ない地元懸賞を狙え!
 ※特に「地元企業スーパー×大手企業」のコラボキャンペーンは当たりやすい。

いかがでしたでしょうか。

普段の買い物に一手間加えて、条件達成するだけで高確率な懸賞に応募できるかもしれません。

地元スーパーには、パっと見ただけではわからない懸賞が数多くあります。
懸賞へのアンテナを張って買い物すると、買い物も楽しくなるかと思います。

是非お試しください♪


ここまで記事を見ていただきありがとうございました。
この記事を気にいっていただけたら、シェアやフォローの方をよろしくお願いします。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次